日本海事史学会

最新のお知らせ


  • 第419回例会(Web#38) 2024.2.24
    2024年2月例会チラシ
    日本海事史学会 第419回例会(Web#38)

    山田武左衛門の漂流日記と「蜀江錦(しょっこうのにしき)」

    講師:小林 郁(こばやし かおる・会員)

    2024年2月24日(土)
    14:00~16:00(ルームオープン 13:30)
    Zoomにて開催

     陸奥船福吉丸は宝暦11年(1761年)に遭難し、清国(中国)長江の河口に漂着。漂流民は翌年、清国船で長崎に送還された。福吉丸の上乗武左衛門(1712~1792)は、漂流・清国旅行中に日記を書いていた。この日記の写本は二本現存するが、内容はかなり異なる。どのような点が違うのかを分析したい。
     また、武左衛門が信仰していた塩竃神社(福島県福島市大笹生)には、彼が奉納した「蜀江錦」と盃が今も伝えられている。「蜀江錦」は、江戸後期の地誌『信達一統志』にも記された由緒ある品。神社関係者の御厚意により、これらを実見する機会を得たので報告する。

    【講師プロフィール】
    小林 郁(こばやし かおる・日本海事史学会会員)
    1964年生まれ。東京都東村山市在住。
    江戸から明治初期に漂流を体験した人々に関心があり、
    その生涯を調べるため各地を巡っている。

    非会員の方のお申し込みはこちらから→


  • 第418回例会(Web#37) 2024.1.27
    2024年1月例会チラシ
    日本海事史学会 第418回例会(Web#37)

    現存する五大力船の舵と板図の解析

    講師:松井 哲洋(まつい てつひろ・会員)

    2024年1月27日(土)
    14:00~16:00(ルームオープン 13:30)
    Zoomにて開催

      五大力船は東京湾周辺で使用されていた100石ほどの小廻船。2022年開館の市原歴史博物館展示模型製作のため、現存している五大力船の舵や板図や船橋の澪に沈んでいる船などを調査し実船同様に「浮かべて遊べる1/20模型」を製作した。

    【講師プロフィール】
    松井 哲洋(まつい てつひろ・日本海事史学会会員)
    昭和25年青森生まれ 化学工場勤務後現在無職
    千葉県市原市在住

    非会員の方のお申し込みはこちらから→


  • 第417回例会(Web#36) 2023.12.23
    2023年12月例会チラシ
    日本海事史学会 第417回例会(Web#36)

    富山県の川舟について ―現存資料からみた構造と分類―

    講師:廣瀬 直樹(ひろせ なおき・会員)

    2023年12月23日(土)
    14:00~16:00(ルームオープン 13:30)
    Zoomにて開催

     

     かつて日本海沿岸地域に色濃く分布していた造船技術がオモキ造りである。オモキ造りとは、船底板の左右両端に刳材オモキを組み込んだ構造をいい、ウルシによる接着や木製接合具であるチキリとタタラの使用など、特徴的な接合技術が付随する。本州日本海側のほぼ中央に位置する富山県においては、海船だけでなく川舟にもオモキ造りと棚板造りの船が併存する状況が見て取れる。だが、多様だった川舟の多くは失われ、現在その構造が分かる資料は極めて少ない。
     今回の報告では、富山県内に現存する川舟について、その概要を紹介するとともに、船体構造によって分類し、検討を加える。

    【講師プロフィール】
    廣瀬 直樹(ひろせ なおき・日本海事史学会会員)
    1977年富山県生まれ。専門は考古学・民具学。平成13年度より氷見市立博物館の学芸員を務める。平成15年、氷見市内の船大工とともに和船建造技術を後世に伝える会を結成し、調査・研究を行う。平成23年、「富山の和船~富山湾沿岸地域とその周辺の海船・川舟~」で第25回日本民具学会研究奨励賞を受賞。現在、氷見市立博物館主査(学芸員)。

    非会員の方のお申し込みはこちらから→


  • 第416回例会(Web#35) 2023.11.26
    2023年11月例会チラシ
    日本海事史学会 第416回例会(Web#35)

    オランダ別段風説書-その舶来から翻訳まで-

    講師:松本 英治(まつもと えいじ・会員)

    2023年11月26日(日)
    14:00~16:00(ルームオープン 13:30)
    Zoomにて開催

     

     オランダ別段風説書とは、アヘン戦争を契機として、オランダ船がもたらした詳細な海外情報です。
     当初はアヘン戦争情報に限定されましたが、やがて内容は世界情勢一般へと変化し、諸国・諸地域の動向、戦争や動乱、技術進歩、自然災害などを報じるとともに、列強の海軍情報も記載されています。オランダ語原文が舶来され、長崎と江戸で翻訳が行われました。
     科研費の共同研究で、取り扱いと翻訳作業を検討する機会を得ましたので、その成果を会員の皆様にお話ししたいと思います。

    【講師プロフィール】
    松本 英治(まつもと えいじ・日本海事史学会会員)
    1973年生まれ。現在、開成高等学校教諭。東洋大学非常勤講師。日本海事史学会理事。洋学史学会評議員。著書に『近世後期の対外政策と軍事・情報』(吉川弘文館、2016年)。専門は近世対外関係史。洋学史。

    非会員の方のお申し込みはこちらから→


  • 第415回例会(Web#34) 2023.10.28
    2023年10月例会チラシ
    日本海事史学会 第415回例会(Web#34)

    「復元弁才船」みちのく丸の建造と帆走
    みちのく北方漁船博物館の活動を回顧

    講師:昆 政明(こん まさあき・会員)

    2023年10月28日(土)
    14:00~16:00(ルームオープン 13:30)
    Zoomにて開催

     

     1999年から2013年まで青森市で活動したみちのく北方漁船博物館。実態は「船の博物館」として漁船のみならず、国内国外の木造船と関連資料を収集展示する海事博物館であった。1999年には千石積相当の弁才船を建造、翌年より陸奥湾内で帆走を行ってきた。2011年には日本海航路をたどり、青森港から北海道小樽港、南下して島根県の美保関港までをタグボートで曳航し、訪問先の港外で帆走を実施した。2013年には太平洋を同様に巡航東京湾内で帆走を披露した。
     今回はみちのく丸の建造と帆走を中心に報告し、合わせて海事博物館の活動と問題点についても紹介する。

    【講師プロフィール】
    昆 政明(こん まさあき・日本海事史学会会員)
    1950年青森県生まれ。1973年法政大学地理学科を卒業後靑森県立郷土館学芸員。学芸課長として退職後、2011年から神奈川大学大学院歴史民俗資料学研究科特任教授。
    専門は民俗、民具学。今年度定年退職予定。

    非会員の方のお申し込みはこちらから→


> お知らせ一覧