日本海事史学会

最新のお知らせ


  • 第395回 例会(Web#14) 2021.12.18
    第395回例会チラシ
    日本海事史学会 第395回 例会(Web#14)

    元和航海記の朔望表の原典を求めて

    講師:山田 義裕(やまだ よしひろ・会員)

    2021年12月18日(土)
    14:00~16:00(ルームオープン 13:30)
    Zoomにて開催

     

     池田好運の「元和航海記」には、天文航海のための太陽の赤緯表と共に海の潮汐を知るための月の朔望表が載せられている。この表は19年間の毎月の朔望が、1615年から1690年に対応し、その後も「永年」に使えるようになっている。太陽の赤緯表の原典を探し求め、スペインのロドリーゴ・サモラーノの「航海術要覧」を見つけたように、この朔望表の原典をスペインとポルトガルの書物の中に長年求めてきたので、これを報告したい。

     古代インド、バビロニア、エジプトの天文表がギリシャのプトレマイオスの理論に補強され、アラビアにおける改良を経て中世のスペインに到達し、スペイン語とラテン語に翻訳された。しかしこの段階ではいまだ、天文表は天文学者と修道僧の一部にしか理解できないものであった。これらの天文表の中から月の朔望だけを取り出し、誰にも一目瞭然の形にした表が15世紀のスペインで現れ、ベストセラーとなった。

    【講師プロフィール】
    山田 義裕(やまだ よしひろ・会員)

    1968 年に早大政治学科を卒業し、現在の日本製鉄に入社。スペイン、ブラジル、メキシコに滞在。
    1973 年に当会に入会。海外では「国際海事技術史会議」参加メンバー。
    16-17 世紀のスペインとポルトガルの造船史と航海術史が主たる関心分野。

    非会員の方のお申し込みはこちらから→


  • 第394回 例会(Web#13) 2021.11.27
    第394回例会チラシ
    日本海事史学会 第394回例会(Web例会#13)

    オスマン帝国から見た近世地中海世界

    講師:相磯 尚子(あいいそ なおこ・会員)

    2021年11月27日(土)
    14:00~16:00(ルームオープン 13:30)
    Zoomにて開催

     

     プレヴェザ海戦やレパント海戦など、有名な海戦の舞台となった近世地中海世界の歴史は、しばしばヨーロッパの目線から語られてきた。しかし、その海の半分を掌握していたオスマン帝国の存在は無視できない。
     本報告では最新の研究を紹介したうえで、オスマン語で書かれた行政文書を活用し、16世紀から17世紀にかけてオスマン帝国が関わった海の活動を描き出す。そのうえで、分析を試み、新しい環地中海世界史観への一助としたい。

    【講師プロフィール】
    相磯 尚子(あいいそ なおこ・会員)

    2017年4月より慶應義塾大学大学院 後期博士課程在籍、2020年4月より日本学術振興会特別研究員。小学生の頃ゲーム「大航海時代II」にハマり、海と帆船への熱意を抱いたまま人生を突き進んだところ、なぜか博士課程にまで進学していた。専門はオスマン帝国史。2018年9月よりトルコ共和国のイスタンブルへ留学し、2021年3月に帰国、コロナ禍にめげずなんとか得た留学の成果を示したい。


  • 会員通信お休み中

    現在、サーバー移転に伴い、この日本海事史学会サイトの「会員通信」に
    アクセスできない状態になっています。
    申し訳ありません。

    復旧まで今しばらくお待ちください・・・。


  • 第393回 例会(Web#12) 2021.10.23
    第393回例会チラシ
    日本海事史学会 第393回例会(Web例会#12)

    北日本のムダマハギ

    講師:昆 政明(こん まさあき・会員)

    2021年10月23日(土)
    14:00~16:00(ルームオープン 13:30)
    Zoomにて開催

     

     東北地方の北部から北海道にかけて「ムダマハギ」と称される小型木造漁船が近年まで稼働していた。
     ムダマハギとは船底部にムダマと呼ばれる構造部材を使用し、ハギとはそれに舷側板を接合(接ぐ)ことから名付けられたもので、時代、地域によって多様な変化を遂げている。
     船底部に刳り材を使用する点では、日本海沿岸のオモキに類似するものであり、それとの関連にもふれながら、ムダマハギの概要について紹介させていただきたい。

    【講師プロフィール】
    昆 政明(こん まさあき・日本海事史学会会員)

    1950年 青森県生まれ。
    1973年 法政大学地理学科卒業。
    1973年 青森県立郷土館学芸員2012年まで。
    1999年 みちのく北方漁船博物館建設および運営に関与。
    2013年 神奈川大学特任教授、現在に至る。

    非会員の方のお申し込みはこちらから→


  • 過去の例会(一部)のレジュメを公開しました

    過去の例会で配布されたレジュメのPDFを公開しました。

    「これまでの例会・総会特別講演」のリストで、PDFのアイコンからご覧いただけます。


> お知らせ一覧