会則・役員

TOP > 日本海事史学会について > 会則・役員


日本海事史学会 会則

1、この会は、日本海事史学会と称し、事務所を東京に置く。
2、この会は、海事史一般すなわち船舶・航海・水運・水産に関する人文・技術の史的研究、
  ならびに知識の普及を目的とする。
3、この会は、下記の事業を行う。
  (1) 会誌・会報・図書の発行
  (2) 研究会および講演会の開催
  (3) その他会の目的を達成するために必要な事業
4、この会の事業年度は、毎年4月1日から翌年3月31日までとする。
5、この会の趣旨に賛同し、所定の会費を納入したものを会員とする。
  会員は会誌・会報の頒布を受け、会の事業に参加することができる。
  入会には会員の紹介を必要とする。
6、会員は次の三種とする
  (1)通常会員  所定の会費(年額6,000円)を納めたもの
  (2)学生会員  所定の会費(年額1,000円)を納めたもの
  (3)賛助会員  所定の会費(年額1口10,000円以上)を納めたもの
7、本会の資産は、会費・寄附金・寄附物および其の他の収入とする。
  これらの管理および運用は役員会の決議による。
8、この会の役員として、会長1名、副会長・顧問・理事・評議員それぞれ若干名を置く。
9、役員の任期は2年間とし、重任はさまたげない。
10、この会に会計監事1名を置く。
11、会長は年1回会務および収入を会員に報告する。
12、この会則の変更には総会の決議を必要とする。


2020年度(令和2年度) 役員

会 長   安達裕之
副会長   松木 哲  山田廸生  岩淵聡文  小嶋良一
会計監事  山田義裕
理 事   馬詰耕輔  片桐一男  小堀信幸  齊藤善之  出口晶子
      春名 徹  平尾信子  影山和則  松本英治